FineVoice Trainner Profile

  • Blog
  • Discography
  • Twitter

FIneVoice代表 野戸 久嗣(Hisatsugu Noto)

 10歳の頃、札幌少年少女合唱団の一員として、萩原健一のコンサートでのコーラスを務めたのが音楽キャリアのスタート。
EMIからバンド、magoo swimのボーカリスト・ソングライターとしてデビュー。平行して作家活動(作詞・作曲、作詞名:ゆかり美和)を開始。
SMAPのシングル曲「 Fly 」(詞・曲)に始まり、Crystal Kay「 Tears 」(曲)、最近ではアイドルグループ "フィロソフィーのダンス" 等に楽曲提供しつつ、シンガーソングライターとして活動している。
 ブラックゴスペル指導者・ラニーラッカー氏のBright Lights Choirに20年在籍し、アメリカのゴスペルワークショップ、G.M.W.A.がデトロイトで開かれた際にソリストを務めた。
 音楽プロダクション所属女性シンガーのボイストレーナーの他、音楽専門学校等で講師をする内容は、ステージとレコーディング両方において、 より実践的な歌唱指導が中心。1楽曲中での起伏・表現、言葉の明瞭な伝え方をシンガーと一緒に作り上げる。
 作家として、オリジナル曲を持つシンガーへの楽曲アドバイス歌唱表現指導も行う。ロック・ポップス・カラオケ、分け隔てないディレクションで、女子中学生から中高年婦人まで生徒の幅は広い。
 著作ボイトレ教則本「本当に歌がうまくなる1カ月ボイトレ・プログラム」(リットーミュージック)、作曲教則本「今日から出来る!はじめての作曲」(日本文芸社)を上梓している。

皆様へのメッセージ

メッセージ内容

  • Blog
  • Discography

Yasuna

 幼少時からクラシックピアノを学ぶ。早稲田大学在学中に音楽活動を開始し、1994年から2003年に渡りバンドのボーカリストやソロとして、インディーズ、メジャーから音源を多数リリース。
楽曲制作や弾き語りライブ活動、他アーティストのコーラス等も行う。

日本におけるブラックゴスペル界の第一人者ラニー・ラッカー氏に師事し、氏率いるクワイアでの賛美やアメリカ教会へのツアーでのリードを務める中、ゴスペルへの熱意は深まり、現在では都内ゴスペルクワイアのディレクター、発声トレーナーとしても意欲的に活動中。

ボイストレーナーとしては2001年より活動を始め、アロマアドバイザーの資格や歌唱療法の知識も生かし、歌う喜びを提供したいと願っている。

皆様へのメッセージ

メッセージ内容

Fine News